運動と身長は関係すると昔から言われてきました。しかし、一方で運動をしすぎて筋肉を付け過ぎると身長が止まる、といったことも言われているのです。どちらが正しいのかこれでは分かりませんよね。

こちらでは運動が身長にどのように関わっているのか、といったことを明らかにします。

運動は積極的にすべき!

【運動が子供にもたらしてくれる効果】
・食欲増進作用
・熟睡促進作用
・成長ホルモン分泌作用
・ストレス解消作用

運動をすることで、身体の機能が正常化します。たくさん身体を動かせば栄養を欲します。食事量も増えるので、たくさんの栄養を摂取することになるのです。栄養は骨の成長にも大きく関わっており、身長を伸ばすのに欠かせません。

身体を動かすと疲れます。疲れると熟睡しやすくなりますよね。身長は寝ている時に伸びます。さらに進行を伸ばすのに関わっている成長ホルモンも寝ている時に分泌されているのです。寝る子は育つ、というのは事実です。

成長ホルモンが分泌されると、骨の成長が促進します。身長を伸ばすためには、とにかく骨を成長させなければならず、成長ホルモンをいかにして分泌させるかが大事なってくるのです。睡眠は身長のために欠かせないものなのです。

身長が伸びる作用のある運動法とは?

・縦方向に圧力のかかる運動が適している

左右に体を動かすというよりは、縦方向にジャンプするような運動法が適しているとされています。

・バスケットボール
・バレーボール
・縄跳び
・ジョギングなど

・きつい運動をさせても平気なのか?

身長を伸ばす、といった観点方は、あまりにハードな運動はおすすめできません。ハードな運動をしてしまうと、身体の消耗が激しくなってしまうのです。栄養なども身長に使われずに、消耗から回復されるために使われてしまいます。

筋肉をつけること自体は身長に影響を与えないとされていますが、少ない栄養で筋肉をつけようとすれば、当然身長に使われるべき栄養を使ってしまうのです。筋肉をつけるような運動をお子さんがしている場合には、少し多めに栄養を与える、といった対策を取るべきです、

きつい運動をしてもよいのは、身長の伸びもある程度止まって身体が安定化し始める高校生くらいになってからです。中学生でもまだ身長が伸びる余地があるので、激しすぎるトレーニングは避けたほうが賢明です。

Source: 子供の身長を伸ばす方法 | 背を伸ばす食べ物・料理・献立