子供の成長期に身長伸ばす@小学生の成長と中学生の成長って違うの?子供の成長期はぐんぐん身長が伸びる時期。でも成長期の入り口である小学生の成長と、思春期に入る中学生の成長の仕方では少し違いがあるようなんです。そして子供の成長期は、人生の中でももっとも身長が伸びるチャンスと言われています。この大切な時期にどんな事をすれば身長を伸ばす事につながるのでしょうか?そこで今回は小学生の成長と中学生の成長の違いについて調べ、身長を伸ばすために必要なこと、有効な方法にはどんな物があるかを探ります。これから子供が成長期に入る方や子供のこれからの身長が気になる方は是非参考にして下さいね。【目次】1子供の成長期に知っておきたい小学生の成長と中学生の成長の違いって?1-1 子供の成長期:小学生の成長の特徴は?1-2 子供の成長期:中学生の成長の特徴は?2子供の成長期は身長が伸びるチャンス!どんなことが大切?2-1 遺伝以外にもあった!身長を伸ばす3つの大切なこと2-2 子供の成長期に身長を伸ばす栄養って?2-3 小学生の成長にも中学生の成長にもおすすめな栄養補給の方法って?3小学生の成長・中学生の成長に合わせて賢く栄養補給!子供の成長期に身長を伸ばそう子供の成長期において最も身長が伸びるのが、小学生の高学年の頃です。小学生の成長のピークは、男子であれば11歳頃、女子は少し早くて10歳頃から始まるのですが、この時期は急激に身長が伸びる「身長のスパート期」と呼ばれてます。それまでは毎年5cmほどの伸びだった身長が、一気に10cm近く伸びる事もあります。11歳時点の平均身長は男子145cm・女子146cmとまだ大人とは差があるものの、入学時と比べればまるで別人のようにしっかりとした体格になります。これだけでも6年間でいかに小学生が成長するかが分かると思います。また小学生の成長には、もう1つ特徴があります。それは「第二次性徴期」(=思春期)が始まる時期であることです。これは、子供から大人になるための大切な変化なのですが、この第二次性徴期が始まると、性ホルモンの影響で身長の伸びが鈍くなると言われています。ですから子供の成長期に身長を考える上では、いかに小学生のうちに成長するかが鍵なのです。小学生の成長と違って、中学生の成長では男女の体つきに差がついてきます。女子は丸みを帯びた女性らしい体つきになり、男子は筋肉がついてきてガッチリとした体格になりはじめます。本格的な思春期を迎え、心身ともに男女の差がつくのが中学生の成長の特徴です。中学生の成長も身長は伸び続けますが、女子は13歳頃から成長曲線の伸びが緩やかになり、身長のスパート期の終わりを迎えます。逆に男子は14歳から15歳頃までは順調に身長は伸び続け、平均身長も女子を引き離し、高校受験を迎える頃には男子も身長のスパート期が終わりに近づきます。身長のスパート期を終えても、男女ともに身長は若干は伸びます。しかし、この時期を過ぎると「劇的に」身長が伸びることはあまりありません。つまり、中学生で成長しきれなかった影響は大人になっても引きずる可能性が高いのです。なぜなら、身長を伸ばすために必要な「骨端線」が15歳前後で消失してしまうからです。骨端線が消えてしまった後は、せいぜい年に1cm程度しか伸びません。筋肉の量などは大人になってからいくらでもつけることができますが、身長だけは15歳時点でほぼ方向性が決まってしまいます。だから中学生までの成長の仕方や過ごし方が非常に重要になるのです。子供の身長は生まれつき遺伝で決まるわけではありません。勝手に伸びるわけでもありません。小学生での成長、中学生での成長は、親の育て方しだいで変わります。高い身長の子供にも、低い身長にもなりえます。鍵を握るのは食生活、つまり「栄養」なのです。>>子供の成長期におすすめな栄養補給ドリンク(アスミール)はこちらよく誤解されがちなのですが「子供の身長は、親の身長からの遺伝で決まる」という考え方は間違っています。遺伝は子供の身長を決定づける要素としては、全体の25%にしか過ぎません。残りの75%は以下の3つの要素が大きく関わってきます。・睡眠…骨は寝ている間に伸びる・運動…骨を伸ばすための成長ホルモンの分泌を促す・栄養…骨を形作り、成長ホルモンの分泌も促す一番大事な要素子供の成長期に、睡眠、運動、栄養の3つの要素を健全な状態で過ごせば、たとえ親の身長が低くても、子供は立派な体格に成長します。逆にお父さんが180cmを大きく超えるような場合でも、睡眠の質が悪かったり栄養が足りていなかったりすると、子供は170cmに満たないケースも見られます。子供の身長は遺伝だけでは決まらないのです。寝る子は育つ、という昔ながらの格言がありますよね。身長と睡眠には切っても切り離せない関係があるのです。身長とは、つまるところ「骨の長さ」とも言い換えられます。骨が長ければ必ず身長は高くなり、逆に骨が短ければ身長はあまり伸びません。身体は骨の長さに沿って成長するからです。つまり身長を伸ばすためには骨を長くすればいいわけですが、子供の骨の成長が最も促進されるのが「睡眠中」です。人間の骨の9割以上は、成長ホルモンによって作られます。成長ホルモンは睡眠中に最も多く分泌されます。就寝直後の3時間が最も多く、その後も3時間おきに分泌のピークを迎えます。毎日6時間しか寝ていない子供よりも、8時間寝ている子供の方が成長ホルモンの分泌量が多くなり、結果として骨の成長を促進できます。まさに「寝る子は育つ」というわけです。ですから小学生の成長においても、中学生の成長においても、睡眠は身長を伸ばすために非常に重要なのです。夜ふかしをしていたり、夜遅くまでスマホをいじって睡眠の質が悪い子供は成長ホルモンの分泌が阻害されて、骨があまり伸びずに身長の成長も止まってしまいますから、子供が成長期の時期には特に気をつけたいですね。運動も身長の成長に重要です。適度な運動をすれば血液中の成長ホルモンの濃度が高くなるからです。また、日光を浴びると成長ホルモンの分泌量は高まります。あまりに過度な運動は逆効果となることもありますが、全く外で遊ばずゲームばかりしている子供よりも、屋外で日光を浴びながら走り回っている子供の方が身長は高くなる傾向にあります。また、適度な運動は質の高い睡眠にもつながります。大人でもジョギングやスポーツをした日の夜はいつもよりぐっすりと寝られますよね。深い眠りは成長ホルモンの分泌を促し、骨の成長も促します。栄養も身長の成長に大きく影響します。今から70年ほど前の日本人の成人男性の平均身長は160cmほどでしたが、現在は170cmを超えています。なぜこのようになったかというと、日本人の「食生活が変化」したからです。70年ほど前までの日本人は非常に粗食で、タンパク質やカルシウム、アミノ酸などの身長を伸ばすために必要な栄養が不足がちでした。しかし1970年代になると日本人の食卓は一変して、この頃から日本人の平均身長は一気に伸び出します。身長と栄養の質には密接な関係があったのです。このように栄養が身長に与える影響はとても大きいのですが、それは小学生の成長や中学生の成長においても同じです。また最近では、子供が成長期のうちは「標準体型」であることがとても大切であると言われています。その理由は、肥満気味の子供は通常の子供に比べると成長ホルモンの分泌が少ない傾向であると分かったからです。子供が成長期の時に痩せすぎているのももちろんいけませんが、肥満にならない程度に、適度に子供の成長期に必要な栄養を補給することが大切ですね。このように、子供の成長期に身長を伸ばすには質の高い睡眠、適度な運動、そして栄養の3つが重要です。小学生で成長するにも、中学生で成長するのにも、このうちどれか1つを欠いただけで、伸びるはずだった身長が低いままになってしまうかもしれません。もし身長が気になっているのであれば、子供の成長期には、特に生活習慣を正しく導いてあげると良さそうです。中でも意識したいのが「栄養」です。1日3食のうち、子供が家庭で食べるのは朝と夜。昼の給食を除けば、栄養の大半は親が用意する食事から摂っているわけです。「共働きで忙しい」「食費を抑えたい」という親の都合で、子供の成長期に必要な栄養をおろそかにすることは避けたいですよね。でも骨の成長を促進し、成長ホルモンの分泌を邪魔しないような効果的な栄養って実際どんなものなのでしょうか?次の章からは、小学生の成長や中学生の成長に必要な、身長を伸ばすための栄養についてまとめています!とりあえず牛乳飲ませておけば身長は伸びるでしょ!なんて思っているお母さんは必見ですよ。子供の成長期に健やかな身体を作るには、数えきれないほどの栄養素を摂らなければいけません。特に身長の成長に大きく関わる以下の栄養素は、わが子が小学生で成長の遅さに悩んでいたり、中学生の成長には何が必要か悩んでいるのであれば、子供の成長期には意識して積極的に摂らせるようにしたいですね。牛乳や小魚に多く含まれるカルシウムは、丈夫な骨を作るために重要な栄養素です。しっかりとした骨を子供のうちに作っておけば身長が伸びやすくなるだけでなく、大人になってから骨折しにくくなる効果も得られます。しかし良質なカルシウム源であった牛乳や魚の消費量は年々減少しつつあり、1日の推奨カルシウム量が足りている日本人はほとんどいません。しかもカルシウムの厄介なところは吸収率が非常に悪い点です。吸収率は食品によって10%~50%と差があり、ただカルシウムを摂取してもなかなか体内に吸収されずに、尿と一緒に体外に排出されてしまいがちです。1度に大量にカルシウムを摂取してもその大半が吸収されず排出されるために、毎日コツコツとカルシウムを摂る必要があるのです。また成長期の子供特有の傾向として、小魚などカルシウムを多く含む食品はあまり好んで食べてくれません。母親としては子供に摂らせるのに非常に苦労する栄養素ではありますが、小学生の成長や中学生の成長を考える上では積極的にとりたい栄養素ですね。骨はもちろんのこと、筋肉を作る上でも重要な栄養素がタンパク質です。筋肉量に乏しい子供は日々の消費カロリー(基礎代謝)が低くなってしまうため、どうしても肥満体型になりやすく、成長ホルモンの分泌に影響が出てしまいます。子供のうちから立派な筋肉を持つ必要はありませんが、適度な筋肉量を維持するためにもタンパク質は大事です。また、タンパク質を構成するアミノ酸の一種である「アルギニン」を1日8g程度摂取すると成長ホルモンの分泌が活発になります。アルギニンは体内で作り出せるアミノ酸なので大人であれば食事から大量に摂る必要はありませんが、成長期の子供はアミノ酸の合成能力が弱いために食事で補えるといいでしょう。しかしこのアルギニンは、食事からたくさん摂るのはなかなか難しい栄養素です。ミネラルの一種である亜鉛は、カルシウムとの相乗効果で骨を伸ばす効果があります。小学生の成長や中学生の成長には、「骨端線」と呼ばれる軟骨の一種が重要な鍵を握っています。身長が伸びるメカニズムは、この軟骨がカルシウムと結合し骨となって伸びるのですが、その結合速度を亜鉛は高めてくれます。亜鉛と似た働きをするのがマグネシウムです。骨に蓄えられたカルシウムは、ほんのわずかですが徐々に血液中に流れ出します。そのため、新しくカルシウムを補給して骨に定着させないと、骨はもろくなってしまいますし、骨の成長速度にも悪影響が出て身長の伸びが遅くなります。マグネシウムはカルシウムが骨に定着するのを助ける作用を持っており、特に中学生以降の身長の成長をサポートしてくれます。身体の隅々にまで栄養素を届ける血液の働きに関係するのが鉄分です。血液の主要な成分であるヘモグロビンは、鉄分が中心になって作られています。鉄分が足りないと貧血気味になり、せっかく摂取した栄養素が体中に行き渡りません。特に女子は生理で出血してしまうために鉄分不足に陥りがちです。小学生での成長や中学生での成長で健全な心身を形成するのに重要なのがビタミンB2、ビタミンB12などです。ビタミンBが欠乏すると脳の働きが鈍くなり、成長ホルモンの分泌にも影響が出てしまいます。このように、子供の成長期に身長を伸ばすために必要な栄養素は多岐にわたります。でも、日々の食事でこれらの栄養をバランス良く摂るのはなかなか難しいですよね。栄養の専門家である管理栄養士さんですら、子供の栄養バランスを考えながら3食の献立を決めるのは難しい作業だそうです。ましてや普通のお母さんであれば、どれだけ頑張って献立を考えても、どうしても何らかの栄養素が不足してしまうでしょう。仕事と子育て、家事を両立させながら、子供の成長期に必要な栄養もしっかりカバーして・・・と、口で言うのは簡単ですが、実際子供の成長期は長いですから、その期間中ずっと続けるのは本当に大変なことですよね。私が行き着いた結論は、小学生の成長や中学生の成長にとって不足しがちな栄養を手軽に補給できて簡単に続けられる方法を、普段の食事にプラスするということです。それでは、小学生の成長にも中学生の成長にも必要な栄養補給の方法にはどのようなものがあるのでしょうか?栄養補給と聞いて思い浮かぶのはサプリメントですが、大人と子供では栄養素を受容できる量がちがうため、サプリメントを選ぶ場合には必ず子供用にしましょう。また錠剤タイプのサプリメントの場合、含まれる栄養は目的に合わせてピンポイントでしか栄養が含まれていない事が多いため、全体的に栄養をカバーしたい場合は一度に複数の種類を飲む必要が出てきます。でも、大人ですら一度に何錠も飲み込むのは気が重くなってしまいますよね。できれば「簡単に、続けやすいものが良い」と考えていたので、もっと気軽にできるものがないか探していたら、子供の成長期を支える栄養がバランスよく配合されたされた「アスミール」という商品の口コミ評判が良いことに気づきました。アスミールとは、牛乳に溶かして飲む粉末状の栄養補助食品です。小学生の成長や中学生の成長に必要な栄養を幅広く網羅していて、成長期の子供向けに特化しています。口コミでも評判だったのが次に上げた3つの点ですが、この3点こそがアスミールが子供の成長期に身長を伸ばすのに最適な飲み物としておすすな最大の理由なんです。カルシウムは吸収効率が非常に悪く厄介な栄養素です。カルシウム単体で摂取してもなかなか骨には定着しません。また、食べ合わせによってはカルシウムの吸収を阻害する栄養素と一緒に摂取してしまう可能性もあります。アスミールなら、そんな厄介なカルシウム対策は万全です。※魚の骨・ゴマ・ドロマイト(海藻の一種)この3つの食材からカルシウムを抽出して配合することで、吸収効率を高めてくれています。また、カルシウムの吸収効率を高めるために「CPP(カゼイン ホスホ ペプチド)」「ビタミンD」も配合しています。小学生の成長や中学生の成長において、身長を伸ばすためにカルシウムが重要という観点から、アスミールはここまで徹底的にカルシウム吸収効率にこだわっているのです。大人向けの栄養補助食品ではありえないことです。年齢や性別によって割合がかわりますが、アスミールは牛乳に混ぜて1杯飲むだけで、子供が1日に摂取しなければいけない栄養素をおよそこれだけ摂ることができます。もし食事だけでこれだけの栄養素を摂ろうとすると大変です。特にカルシウムと鉄分は、通常の食事だけでは100%近く摂るのはかなり厳しいですね。母親目線では、カルシウムが豊富な食材ってお高いんですよね。5人家族でカルシウムをしっかり摂らせようと思うと、食費が跳ね上がってしまいます。でも我が家は、アスミールのおかげで家計も節約できて助かりました。また、これ以外にも亜鉛やアルギニンなど、なかなか食事だけでは量を摂れない成分も多く含まれています。アスミールは子供の成長期に身長を伸ばすだけでなく、心身ともに健やかに育つために必要な栄養素がほぼ全部入りなのです。どれだけ身体に良くても、おいしくなければ子供は絶対に口にしてくれません。大人だったら、多少苦くても健康のためなら我慢できますし、むしろ苦い方が身体に良さそうな気がするぐらい。青汁なんてその典型例で、あの苦味がなんだか癖になって毎日でも飲めちゃいます。でも子供だとそうはいきません。いくら将来の自分に必要なものでも、おいしくなければ飲んでくれません。アスミールはさすがに子供向けに特化しているだけあって、味には徹底的にこだわっています。子供の方から飲みたくなるおいしさなので、無理やり飲ませなくて済みそうです。あと驚いたのは、牛乳嫌いの子供でもアスミールなら飲める!という子が多いところですね。牛乳の独特の風味を極端なまでに嫌う子供っていますけど、ココア味のアスミールだったらきっとグイグイと飲んでくれます。アイスはもちろんホットでもおいしいので、季節を問わず1年中飲めるのも助かりますね。子供の成長期に必要な栄養素が全部入っていて、それでいて子供が積極的に飲みたがる味。親としては、本当に助かります。>>美味しくて子供も喜ぶアスミールで、小学生の成長と中学生の成長を支えよう!私自身、子供を育てた経験から、身長は子供が成長期のうちに伸ばしてあげられると良いと思います。身長は遺伝で決まるから、産んでしまった後は何もしてやれることは無いと誤解していたこともありましたが、実はそうじゃありませんでした。親の育て方しだいで、子供の身長は伸ばせたのです。外でしっかり運動をさせて、夜は早めにぐっすり眠らせる。そして、何より大事なのは栄養。母親が子供の成長期を意識して栄養をきちんと管理してあげれば、両親の身長が低くても子供はそれなりに大きくなってくれるのです。ただし、親が子供の身長を伸ばしてあげられるチャンスは小学生から中学生までの思春期のうち。わが子の身長が周りの子より伸びないと焦っているお母さんは、是非この機会に子供の食生活を見なおしてみてください。カルシウム、タンパク質、アルギニン、亜鉛、鉄分など、子供の成長期に必要な栄養をバランス良く口にできる環境を作ってあげる事で、状況が変わるかもしれませんよ。もし忙しくて食事の準備にかける時間が無ければ、アスミールなどを活用するのがベストです。小学生の高学年以降であれば、最初に何度か飲み方を教えるだけで、後は子供1人でも簡単に作れて飲むことができるでしょう。高校生なって身長の成長曲線が止まってからアスミールを飲ませても、残念ながら身長を伸ばす効果を得ることは難しいようです。できれば小学生の高学年のうちに。遅くても中学生まで。チャンスは子供が成長期のうちです。なるべく早くアスミールを始めることで、小学生の成長の時期、中学生の成長の時期に身長がぐんぐん伸びる希望が高まります。子供の成長期にアスミールを上手に活用して、成長期に身長を伸ばしてくださいね!>>「子供の成長期」小学生の成長・中学生の成長にはアスミールがおすすめ
Source: 【悲報】アスミール口コミの真実@飲んでも身長が伸びる効果ナシ!?