世の中には常識を超えた、人知を超えた知能を持つ人間が存在する。我らロケットニュース記者のみんなの上司Yoshioもそのうちの一人だ。

このたび思いきってYoshioに常識クイズを出してみた。そして……圧倒された。クイズを出す時点で心の準備はしていた。Yoshioを甘く見てはいけないと。だが彼のニュアンス力(りょく)は、筆舌に尽くしがたいほど凄まじく、鮮烈だった。

・Yoshioとは?

分かりやすく言うと、ニュアンスだけで生きるド天然男である。

彼はとにかく言い間違えが多い。1日1回は必ず言い間違えるといっても過言ではないほど、よく言い間違える。だが彼の超人っぷりはその数ではなく、言い間違えの “質” に表れる。以下は彼が実際に言い放った言い間違えのごく一部である。

「ねずみ講」→「どらねこう

「ギンギラギンにさりげなく」 → 「ギンギラギンに限りなく

「ベッカムの右足」 → 「右足のベッカム

「土管」→「ドラム缶」(言い間違えた瞬間をとらえた動画がこちら

・世紀の大実験に着手

彼の言い間違えに連日さらされるなかで、私はふと思った。

彼に常識クイズを出してみたら……

一体どんな回答が返ってくるのだろうか?

それは未知への探求。宇宙とは、どれくらい大きいのか? その果ては、どこにあるのか? まるで宇宙の真理を探るかのように、私はYoshioに常識クイズをぶつけてみた。

そして思い知らされた。宇宙には果てなど存在しないんだと。

・実験結果を記者全員で視聴

一般人ならボケようもないほど平凡な常識クイズに対して、Yoshioは想像を絶する珍回答を連発。この実験結果を私一人のなかだけに留めておくのは、もったいない。ということで、編集部の記者たちを招集し、実験の一部始終を映した動画を見せてみた。

ここで注意しないといけないのが、Yoshioは我々のボスだということだ。上司が懸命に常識クイズに挑んでいる様子を、笑いながら見るなんて言語道断。記者たちには口いっぱいに牛乳をふくんでもらい、「動画を見ているときは絶対に笑わないでください」と強く念押ししたうえで動画を再生した。

気になる結果は、次のページ(https://wp.me/p25BsW-4Cbh)にまとめておいた。今回の動画は記事下に貼ってあるので、実験結果を見る前に、ぜひ自分の目でYoshioの超人っぷりを確認してもらいたい。もし可能なら牛乳を口にふくみ、目の前にビニール袋を用意して見てもらいたい!

Report:田代大一朗
Photos:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24