「ススキノ」が札幌の繁華街として有名な一方で、地元民から “第2のススキノ” として親しまれているのが札幌北区の「北24条」エリア周辺である。建物が古くなってきてはいるものの、いまだに飲食店の豊富さは健在だ。

今回は、そんな北24条屈指の人気店「にぼshin」に行ってみた。文字通り、煮干しの旨みを活かした一杯が味わえるらしいが、どんな感じだったのか詳しくお伝えしたい。

・看板メニューの『にぼちゅう』を注文

同店を訪れたのは平日の18:30頃。店内は十分空席があって、スムーズに座ることができた。注文したのは看板メニューの『にぼちゅう(税込730円)』である。ちなみに、名前の由来は ”にぼし” と “中華そば” からきているという。

にぼちゅうがやってきたら、まずはインパクト抜群の超ロングな豚バラチャーシューが目に飛び込んできた。器からはみ出した姿は、まるで静かに横たわるガリバーのようだ。その他、トッピングはネギとメンマのみとシンプルな構成だった。

・さすが人気店の一杯

はじめにスープを味わうと……煮干しの豊かな旨味がキターーーッ! 独特の苦味がほんのりと感じられるものの、気になるような強い臭みは無い。また、ややトロッとしていて滑らかな舌触りが心地良い。滑り出しは好印象!

麺のタイプは中太で緩やかにカーブしている。ズズッとすすって食べてみたら、噛むほどにむっちりとしたコシが感じられ、スープがしっかり絡んでいてウマい!! にぼちゅうは「にぼし中毒」の略でもいいんじゃないかと思いながら箸を進める。

そして、超ロングなチャーシューは薄めにカットされており、箸でつまむとホロホロと崩れるほど柔らかだった。さらに、メンマのコリコリした歯ごたえがアクセントになって食感のバランスもナイス。なんというか、洗練された一杯だ。

パッと見、かなり濃厚そうな印象だったが、実際に食べてみたらコクはありながらも思いのほかあっさり。飲食店の多い北24条で支持されているのも、うなずける仕上がりであった。なお、同店はつけ麺も人気のようだ。次回はぜひそちらも味わってみたい。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 にぼshin. 北24条店
住所 北海道札幌市北区北23条西8−3−19
時間 ランチ11:00~16:00 / ディナー17:00~20:00
休日 月曜(月祝の場合は翌日)

Report:K.ナガハシ
Photo:Rocketnews24.
こちらもどうぞ → シリーズ「北海道ラーメン探訪


Source: ロケットニュース24