大ヒットとなった『アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー』をはじめ、『ブラックパンサー』やDCコミックス&マーベルなどのアメコミヒーロー作品は、日本でも多くのファンを抱える。

そんなアメコミヒーローたちと一緒に暮らしているかのような写真を撮るユーザーがInstagramで人気になっている。アメコミファンが憧れる共同生活はどうやって撮影されたのか。その方法がとにかく秀逸なので紹介したい。

・アメコミヒーローと共同生活!?

米ニュースサイト『Laughing Squid』によると、Instagramで人気になっているのはマレーシア出身でアマチュアカメラマンのワイア・ホンさんだ。SNSのプロフィールで「おもちゃのコレクター」だと自己紹介している彼は、DCやマーベルのヒーロー・アクションフィギュアが大好きなもよう。

そしてInstagramでは、超人ハルクやデッドプールといった人気アメコミヒーローらと共同生活を送っているかのような写真を投稿している。一体、どうやって撮っているのかというと……

・カメラの遠近感の使い方に脱帽!

カメラ用語でいうところの “パースペクティブ(遠近法)” を駆使して、小さなアクションフィギュアと人間が同じサイズであるかのように見せて撮影しているのである。どれも違和感がなく、とてもスマホカメラで撮っているとは思えない!

例えば、カメラの近くにバケツを持ったバットマンとデッドプールを配置した写真は、2人に掃除の指示を出しているようで思わず笑ってしまうような仕上がりに! 絶妙な遠近感で、スーパーヒーローが等身大に見えてしまうから見事としか言いようがない。

Instagram Photo

・凝った演出でユーザーを楽しませてくれるぞ!

他にも、スーパーマンに赤いパンツを差し出している彼の奥さんやバットマンをオモチャの銃で狙う子供たち……さらには美女のスーパーヒーローであるブラック・ウィドウに見とれて奥さんに耳をつままれている写真など、凝った演出で楽しませてくれるのだ。

Instagram Photo

彼のInstagramを見ていると、まるでスーパーヒーローたちと共同生活を送っているかのようで、DCやマーベルのファンが思わずフォローしたくなってしまうのも納得! すでに彼は24万人を超えるフォロワーを獲得している。

Instagram Photo

アクションフィギュアが大好きなパパに合わせて、奥さんや子供たちも協力しているのもほのぼのとしていて、ホン一家の仲の良さも伝わってくる。まだまだ彼のフォロワーは増えそうだ。

参照元:Instagram @wirehonLaughing Squid(英語)
執筆:Nekolas


Source: ロケットニュース24