イギリスの経済誌「エコノミスト」は、成功した大金持ちへの手放しの礼賛に冷水をあびせかけてきたことで知られています。同誌は9月27日号で、「メディア(とその受け手)は、成功したビジネスパーソンの仕事術に不健全なまでに心酔している」という内容のコラムを掲載しました。特に、長時間労働や、早朝からの労働をいとわない姿勢への賞賛を疑問視しています。これらの人たちが金銭的成功や権力を手にしたのは朝5時半に起き
Source: ライフハッカー