いつの頃からかあたり前に見かけるようになった道の駅。実は1990年代に誕生した比較的新しい施設で、2018年4月の時点で全国1145カ所の道の駅が登録されている。

旅先で道の駅を発見するとついつい立ち寄りたくなってしまうものだが、施設によって満足度や充実度はだいぶ違う。今回は「ここの道の駅は間違いない」という『道の駅満足度ランキング2018』をご紹介しよう。

・じゃらんが発表

旅行情報誌「じゃらん」が発表した今回のランキング。過去3年以内に行ったことのある道の駅の中から、満足度の高い道の駅を順位付けした2018年度の最新版ランキングとなっている。

ランキングを見てみると、やはり “名物グルメ” がある道の駅は人気があるようで、多くのユーザーは道の駅に「食」を求めているようだ。それでは以下でTOP10を一気にご紹介しよう。

第1位: 道の駅「あわじ」 : 兵庫県
第2位: 道の駅「むなかた」 : 福岡県
第3位: 道の駅「世羅」 : 広島県
第4位: 道の駅「猪苗代」 : 福島県
第5位: 道の駅「雫石あねっこ」 : 岩手県
第6位: 道の駅「伊東マリンタウン」 : 静岡県
第6位: 道の駅「うきは」 : 福岡県
第8位: 道の駅「象潟」 : 秋田県
第9位: 道の駅「新潟ふるさと村」 : 兵庫県
第9位: 道の駅「キララ多岐」 : 島根県

1位になったのは明石海峡大橋の真下にある「道の駅 あわじ」で、名物の淡路牛や玉ねぎはもちろんのこと、4月から11月まで提供される「生しらす」も人気を博しているようだ。

また、第2位の「道の駅 むなかた」は新鮮な魚介類が名物で、週末ともなると多くの人でにぎわうという。さらに第3位の「道の駅 世羅」は四季折々のフルーツが名物だというから、やはり道の駅に “名物グルメ” は欠かせないのだろう。

なお、じゃらんでは「東北エリア」「関東エリア」などそれぞれのランキングも発表しているから、お出かけの予定がある人はぜひチェックしてみてはいかがだろうか? いい道の駅に当たると、観光の満足度もグッと上がるゾ。

参照元:じゃらんニュース
執筆:P.K.サンジュン


Source: ロケットニュース24